住宅ローン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
審査基準
住宅ローン金利、全期間固定型の利用者が増加  「日経住宅サーチ」
http://sumai.nikkei.co.jp/news/money/index.cfm?i=2007060207377n4
-----------------------------------------------------------
審査基準(フラット35)


審査項目で大きく分けると「物件の制限」と「人の制限」があります。


民間住宅ローンに比べると物件の基準が厳しく、一方借入者については
職業や職種、勤続年数による制限はつけない事等、民間ローンのように
申し込み段階で選別する事はありません。

「物件」の制限は住宅の規模や建築技術基準などで、「人の制限」には
年齢、年収などが挙げられます。

『フラット35』は住宅について住宅金融支援機構の定める技術基準に
適合している事を証明する適合証明書の交付を受ける事が必要です。


物件や年齢などの要件を満たしていても、その人の年収に対する返済額
によって希望の借入額が借入れ出来ない事があります。
年収に対する返済額の割合は「フラット35」は25%以内となってお
り、民間住宅ローンよりも厳しくなっているといえます。

融資上限額も「フラット35」は建設費または購入金額の8割または
5割までなので、民間住宅ローンに比べると頭金の準備もより必要に
なります。


※住宅ローン以外にローン返済がある場合は、「フラット35」はすべ
てのローン返済の合計が年収に応じて25~40%までになるよう、総
返済負担率の制限を設けているので注意が必要です。




【審査内容】

〔物件の制限〕
<敷地面積>・問わず

<住宅の規模>・一戸建て住宅等⇒70m2以上
         ・マンション等⇒30m2以上(上限なし)

<物件審査等>・新築住宅⇒検査機関による設計・現場検査
         ・中古住宅⇒検査機関または住宅金融支援機構調査技術者による調査判定

<敷地の権利>・借地権でも一定の条件を満たせば利用できる場合もある


〔人の制限〕
<年齢>・70歳未満、完済時80歳まで

<勤続年数>・制限なし

<年収に対する返済割合>・安定収入があり、25%以内の返済(年間返済額の4倍以上の収入

<団体信用生命保険>・加入は任意


〔融資額〕
<融資率>・建設費または購入金額の8割以内

<融資限度額>・全国一律8,000万円
    
-----------------------------------------------------------
■経験豊かなプロのコンサルタントが、ピッタリの商品を無料でアドバイス!
①最長35年、金利はずっと変わらない
②保証料が0円、借りる時もお得
③繰り上げ返済手数料が0円、1万円から対応可能
④全国どこでも対応可能、24時間インターネットで相談申し込み
⑤8疾病保障特約が付帯可能
住宅ローンの借換相談
-----------------------------------------------------------
■不動産売買でよくある質問Q&A
・不動産マンション売却.comとは、どのようなサービスですか?
・まずは自分のマンションの、大体の価値を知りたいのですが。
・相続した土地を、なるべく急いで売却する方法はありますか?
・どの不動産会社に売却を依頼したら、いちばん高く家が売れますか?
・不動産が他人名義になっているのですが、売却できますか?
・内装が痛んでいるのですが、そのまま売却できますか?
■答えはこちらをクリック
マンション 売却
------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

【 2007/06/18 04:34 】

| 審査基準(フラット35) | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
フラット35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。